さくらのレンタルサーバーにWP-CLIをインストールする

技術ネタになりますが、新年早々さくらレンタルサーバー(スタンダード)に

WP-CLIをインストールしたので、備忘録を書いておきます。

 

1.さくらレンタルサーバーにssh接続

ログイン方法は2種類あります。パスワードと公開鍵どちらかを選択してください。

SSH接続方法は、ここでは説明しません。下記などを参考にして見てください。

さくらのレンタルサーバーにSSHでログインする(qiita)

 

2.シェルをbashに変更

$ chsh -s /usr/local/bin/bash

さくらのレンタルサーバーはデフォルトではcshを使っています。

しかしcshではWP-CLIの$PATHを通す時に一手間必要だったので、bashに変更します。

 

※どうしてもcshを使いたい人は下記を参考に、.cshrcにエイリアスを張ってください。

(なぜcshだとエイリアスを張る必要があるかは、分からないのでまた調べてみます。)

【最新版追記有】WP-CLI をさくらのレンタルサーバにインストール

 

3.WP-CLIをインストール

$ mkdir -p $HOME/bin && curl -L https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli-nightly.phar -o $HOME/bin/wp && chmod 755 $HOME/bin/wp

WP-CLIのnightlyバージョンをインストールします。

上記のコマンドをターミナルにコピペしてください。

※nightlyバージョンとは開発中の最新バージョンと、僕は認識しています。

各バージョンについて

 

以上で、WP-CLIが使えるようになりました。
 
 
$ wp --info
PHP binary: /usr/local/bin/php-wrapper
PHP version: 7.1.9
php.ini used: /usr/local/php/7.1/etc/php.ini
WP-CLI root dir: phar://wp-cli.phar
WP-CLI vendor dir: phar://wp-cli.phar/vendor
WP_CLI phar path: /home/xxxx
WP-CLI packages dir:
WP-CLI global config: /home/xxxx/.wp-cli/config.yml
WP-CLI project config:
WP-CLI version: 1.4.0-alpha-34bfe03

 
 
参考URL
さくらのレンタルサーバー(スタンダード)にWP-CLIをインストールする(完全版) 
さくらのレンタルサーバーにWP-CLIでWORDPRESSをインストールしよう
WPCLI公式サイト

 
 
また今度、WP-CLIをインストールするシェルスクリプトを書いて楽したいなーと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください